テラのゲーム日記

テラのゲーム日記

ゲームに関する様々な情報をご紹介します!ゲーム以外にもスマホ等のIT情報も掲載していきます。

macでaviutlを使う方法

macでaviutlを使う方法

f:id:tera757:20161029231323p:plain

 

 

最近、macを購入しました〜!どうも、テラです。

macって動作もさくさくで、慣れればWindowsよりも使いやすいという印象です。しかし、今まで使っていた動画編集ソフトが使えなくなってしまったのです...。そのソフトとは「aviutl」です。フリーソフトの中ではこれ以上ないほど優秀な動画編集ソフトです。

 

macでもaviutlを使いたいユーザーはたくさんいると思います。今回はmacでaviutlを使う方法を紹介します。

 

macにWinndowsをインストールする

aviutlを使用できるのはWindowsに限ります。じゃあmacでは無理じゃないかって?macにWindowsを入れてしまえばいいのです!

 

macにWindowsをインストールする方法
  • Boot Camp
  • VirtualBox
  • Parallels Desktop
  • リモートデスクトップ

などの方法があります。今回は、「Boot Camp」という方法を使いたいと思います。理由としては、mac OSとWindowsを切り替えて使うので動画編集の処理が安定して行えるからです(mac OSを起動しながら、同時にWindowsも起動できるというのもありますが、これだと処理が安定しない可能性があります)。また、Boot Campはmacのデフォルトの機能としてついているからです。

 

 

 

Boot Campの使い方

必要なもの
  • 8GB以上のUSB
  • Windowsのイメージファイル(iso)
  • 空のDVD

BootCampを使ってWIndowsをmacにインストールします。USBにはそのための準備として必要になります。Windowsのイメージディスクは、BootCampがWindowsをインストールする際に必要になります。

イメージファイルはここからダウンロードできます。これを空のDVDに焼きます。注意しなくてはいけないのが、Windowsにはライセンスが必要なので、購入するようにしておきましょう。ちなみに、学生は無料でライセンスを取得することができます。

 

imagine.microsoft.com

Microsoftが学生開発者を支援しているそうで、その関係で無料でライセンス取得が可能なようです。まずはアカウントを登録して、ダウンロードページよりWindowsのisoファイルのダウンロード、ライセンス取得が行えます。

 

インストール方法

①空のDVDにWindowsイメージファイルを焼く

Windowsのisoファイルを右クリックし、DVDに焼くコマンドを選択します。何かソフトが必要ということもなく、これだけでできちゃうので非常に簡単です。

最近のmacにはDVDドライブがついていないので、外付けの光学ドライブを使用します。私が購入したものはこちらです。低価格で、使い買っても良く、オススメです。

 

②Boot CampでWindowsをダウンロードする

USBを用意し、Windowsのisoファイルを焼いたDVDをドライブにセットし、Windowsのisoファイルをダウンロードしたら、いよいよBot CampでWindowsをインストールしていきましょう。

Finder>アプリケーション>ユーティリティ にある「BootCamp」を起動します。

f:id:tera757:20161031233844j:plain

BootCampの指示に従ってインストールしていきます。

※OSがSierra(10.12)だとWindows10のみインストール可能です。

 

Windowsのイメージファイルの場所を指定し、イメージディスクをmacにつなぎ、インストールを進めていきます。パーティションも決めることができます。Windowsをインストールすると初期設定の画面になります。次にどのパーティションに作成するかを決められるので、先程決めたパーティションを一度フォーマットしてから「次へ」に進みます。

間違えてしまうと大切なデータが消えてしまうこともあるので、注意して行いましょう。また、バックアップを取ってから行うと良いでしょう。

 

③aviutlをインストールする

f:id:tera757:20161031233924p:plain

◆ AviUtlのお部屋

ここから「aviutl」をダウンロードします。aviutl本体と拡張編集プラグインをダウンロードします。どちらも解凍し、「exditXX」フォルダの中身を「aviutl」フォルダに移動します。

これでインストールは完了です。あとは、実際にaviutlを使ってみましょう。

 

実際にやってみた!

f:id:tera757:20161031233518j:plain

こんな感じで、無事にWindowsを導入することができました!使い慣れたaviutlが使えて安心です。また、aviutl以外にも、私の家のプリンターがmac Sierraには対応していなかったのでWindowsにして本当に良かったです。

 

参考サイト

◆ BootCamp - Mac に Windows10 をインストールしてみた - PC設定のカルマ

◆ AviUtlと拡張編集プラグインの導入方法【ダウンロード・インストール】