テラのゲーム日記

テラゴチ

ゲームやYouTube、ビジネス、ITなどについてテラが独りゴチります。

Game
YouTube
Business
IT

【感想】『バカと付き合うな』で人との付き合い方を考える【堀江貴文氏・西野亮廣氏】

『バカと付き合うな』の感想

ホリエモンこと堀江貴文氏とキングコングの西野亮廣氏の共著『バカと付き合うな』の感想を書いていきます。

 

人との付き合いを再考

『バカと付き合うな』では、様々なバカを具体例を挙げて紹介しています。「あぁ、こんな奴いるなぁ」と思いながら読んでいました。

そして、この本を読むことでそのような人との関わり方を再考させられました。たしかに、自分にとってマイナスの影響を与えるような人に、あえて関わる必要はないなと。

 

印象深かったのは、会社の人と付き合いで行きたくない飲み会に行くことの無意味さや、やってほしくもないのに善意で行われるような行為の無意味さについての話です。

前者はまだ自分が社会人じゃなく、これまでそんな場面に出くわすことが少なかったため、今後は気をつけたいと思いました。

後者はその人に対して好感や好意があれば尚更だなと共感し、これを回避するのは難しいと強く感じたからです。

 

人との付き合い方を改めて考えさせる1冊でした。

 

考え方に新鮮味がない

私自身、アルバイトで入った企業がベンチャー企業で、メキメキと成長するところを見たことがあります。周りには"デキる大人"がいて、物事の考え方や思考法について聞きました。

そこから自己啓発本を読んだり、インフルエンサーの発信を見てみたりしました。

 

"時間"に対する考え方や価値観については、『バカと付き合うな』を読む前から同じような考え方を持っていました。

「うん、そうだよね。」と共感はありましたが、心にぶっ刺さるような新しい考え方はないなと感じました。

 

堀江貴文氏と西野亮廣氏がわかる

https://stat.ameba.jp/user_images/20180826/18/nishino-akihiro/8e/50/j/o0720048514254867592.jpg?caw=800

"バカ"への考え方を通して、堀江貴文氏と西野亮廣氏がどんな考え方を持っていて、どういう人間なのかが見えてきます。

 

私はこれまで堀江貴文氏の著書を数冊読んできました。特に徹底的な時間管理や今やりたいことを突き通すことへの渇望など、堂々と大胆に自分の好きな生き方を全力で行う人間らしい方なんだなと認識してます。

そんな堀江貴文氏は度々炎上してますよね。私が思うに、人は何かいう時に刺々しい言葉でも丸くしてから口に出します。しかし、堀江貴文氏は心で思ったものを加工せずそのまま出します。それを人が受け取った時に「痛い!」と声をあげてしまうのでしょう。でも、それは堀江貴文氏の本心で、加工する時間も惜しい手間なのでしょう。

 

一方、西野亮廣氏は口から出すのは、とても大きなものなんですよね。口から肉まんくらいの大きさのもの(物理的じゃなくて例え)を普通の人が出すとしたら、西野亮廣氏は口からスイカを出すんですよね。本著でも語っている通り、先に宣言して、後からそれに見合うよう努力するんです。

それを人が驚き、普通のこととして受容できず、結果炎上するのかと思います。

 

よく炎上されるお二人ですが、いい意味で世間とズレた方の思考に触れるのは良い勉強になりますね。

 

まとめ

  • 人との付き合い方を再考させられる本
  • 一般人とは少し違う考え方に触れられる本

気になった方は読んでみてください。