テラのゲーム日記

テラのゲーム日記

ゲームに関する様々な情報をご紹介します!ゲーム以外にもスマホ等のIT情報も掲載していきます。

動画編集ソフトを「aviutl」から「Final Cut Pro X」に乗り換えてみた!!

近々、動画の方に力を入れようと考えています、どうも、テラです!

 

パソコンをmacにして、動画編集ソフトをどうしようかと悩んでいた時期がありました。macにWindowsを入れて、いつも使っていた「aviutl」を使う日々が続きました。ですが、そろそろ本格的に動画編集...というかYoutoubeでの活動に乗り出そうかと思いまして、「aviutl」から「Final Cut Pro X」に乗り換えようと考えた次第であります!

 

 

 

「aviutl」から「Final Cut Pro X」に乗り換え!使用感はどう?

aviutlはこんな感じ!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/tera757/20161029/20161029231323.png

こちらが「aviutl」です。青いラインがありますね?ここにオブジェクトというものを置いて編集していきます。オブジェクトは動画や音声、テキストやエフェクトなど様々です。そして、そのオブジェクトをクリックすると、オブジェクトの情報が表示され、底に示された数値をいじくり倒すことで、細かい編集が可能です。aviutlを使ったことがある人ならお分かりですね?

 

Final Cut Pro Xはこんな感じ!

f:id:tera757:20170611214400p:plain

これは「Final Cut Pro X」の試用版のものです。テラが編集している画面をキャプチャしました。左上からプロジェクトに入れたいメディアを読み込んだり、タイトルなどを選択し、それを下の所に持っていけば挿入することができます。動画や音声、タイトルなどは、右上の要素をいじることができます。右下のトランジションだとかは、動画全体(または一部)にかけるエフェクトです。テンプレートとなるエフェクトが多く用意されています。また、aviutlと違い、サウンドエフェクトも種類が豊富です。

 

乗り換えてみて実際どう?使いやすい?

そりゃ、最初は戸惑いますよ。

でも、aviutlを使いこなせるのであれば、理解するのも簡単なんじゃないかと思います。aviutlからFinal Cut Pro Xに乗り換えようか悩んでいる方は、まずはFinal Cut Pro Xの試用版を使ってみることをオススメします。以下のページからダウンロードできます。

www.apple.com

 

正直、試用版を少しいじった程度ですので、細かくレビューすることはできません...ごめんなさい。

でも、試用版を少しいじった程度で、

「あ、これいいじゃん!買おう!」

と数万円の支払いを済ませた程度には、使いやすいかと思います(笑)

 

aviutlはフリーの動画編集ソフトの中では、ずば抜けて高機能です。しかし、あくまでフリーはフリー。有料の動画編集ソフトには機能的に劣ります。テラのように、動画編集のレベルをグレードアップしたいなぁ、とお考えのあなた!ぜひFinal Cut Pro Xの試用版を試してみてください!

 

追伸

Youtubeでの活動も本格的にやっていくので、良ければ見てやってください〜。

www.youtube.com